MENU

WiMAXホームルータ Speed Wi-Fi HOME 5G L12はおすすめ?半年以上使用した感想まとめ

今日は、NECのWiMAXホームルータ Speed Wi-Fi HOME 5G L12 NAR02のレビュー記事です。

WiMAXの場合、申込みと同時にルータもセットで選ぶことになります。

もしも、あなたがルータ選びで間違えてしまうと、2年間から3年間、使いたくもないルータのために端末代金を支払うことになってしまいます(分割払いの場合)。

こんなバカバカしいことはないですよね。

なので、WiMAXに申し込む前に場合、どのルータを使いたいかを決めておく必要があります。

WiMAXのホームルータ

  • ZTE Speed Wi-Fi HOME 5GL11
  • NEC Speed Wi-Fi HOME 5GL12
  • ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L13

また、そもそもホームルータにするか、モバイルルータにするか、という選択肢もあります。

L11よりは新しい機種で、最新のL13よりは若干値段が安いL12。使い勝手が気になるところ。

結論から言うと、L12の購入は控えたほうがよいです。ZTE製のL11またはL13で十分というのが本ブログの結論です。

なぜ、このように考えるのか?実際に半年間使ってみた経験を踏まえてSpeed Wi-Fi HOME 5G L12に関するまとめ記事を書きます。

目次

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の特長

本日ご紹介するSpeed Wi-Fi HOME 5G L12 NAR02は多くのプロバイダで扱われているホームルータです。特長は以下のとおりです。

メリットデメリット
セキュリティ設定が豊富
本体のデザインがステキ
管理画面が見やすい
電源コンセントがスッキリしている
5GHz帯と2.4GHzの切替がスムーズ
通信速度が遅い
スマホアプリで初期設定ができないことがある
Speed Wi-Fi HOME 5G L12 のメリットとデメリット

Speed Wi-Fi HOME 5G L12 にメリットはあるのですが、やはり致命的なのは通信速度が遅い点です。

我が家のある都内某所の評価(通信速度)

  • L11のほうが通信速度が速い
  • モバイルルータGalaxy 5G Mobile Wi-Fiよりも遅い
  • 楽天モバイルより通信速度が遅くなる
  • 時間によっては安かろう悪かろうの格安SIMと同じレベル

ただし、通信速度の低下が心配という意味であり、L12がホームルータとして普通に使えることは誤解しないでください。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12 のメリット

Speed Wi-Fi HOME 5G L12のメリットからまとめておきましょう。

本体のデザインがステキ

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の本体は五角形で流線形のデザインです。

無機質なL11と違い、アクセントのついたデザインは見た目も悪くないです。

←左がL11、右がL12→

前面のランプもL12のほうが見やすいです。

←左がL11、右がL12→

上部から見るとこんな感じです。L12の奇抜なデザインが特徴的です。

セキュリティ設定が豊富

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の特長としてセキュリティ設定が豊富である点です。

L12のセキュリティ設定

  • MACアドレスフィルタリング
  • パケットフィルタ設定
  • ポートマッピング設定 
  • 暗号化モード(WPA3対応)
  • ESS-IDステルス機能
  • Wi-Fi暗号化強化機能
  • ゲスト用SSIDがある

などなど

また、ゲスト用SSIDがあるのも特長。

子ども大きくなるとお友達がたくさん家に来ますから、ゲスト用SSIDに接続させる設定も可能です。

スマホアプリの管理画面が見やすい

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の特長のひとつが管理用スマホアプリです。

L11の場合は、スマホ画面対応していないため、スマホでPC画面を開くことになります。

L12の場合は専用アプリがあるのでとても見やすくて便利です。

NEC WiMAX +5G Tool

NEC WiMAX +5G Tool

NEC PLATFORMS, LTD無料posted withアプリーチ

実際のアプリの画面はこちらになります。


データの使用状況はアプリ上で確認できます。また、ルータへの設定もスマホ用表示になっていてとても見やすいです。

電源コンセントがスッキリしている

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の電源ケーブルはとてもスッキリしています。

アダプタ部分は本体に内蔵されているため、配線周りがすっきりしていて収納しやすい点もメリットです。

5GHz帯と2.4GHzの切替がスムーズ

L11の場合は、5GHz帯と2.4GHz帯が別々のSSIDが振られています。そのため、5GHzから2.4GHz帯に切り替わる際に通信が途切れることになります。

その点、L12の場合は、同じSSIDで5GHz帯と2.4GHz帯の自動切換えが行われるため、通信が途切れることがありません。

周波数帯5GHz帯の特長
  • Wi-Fi専用の電波なので、電子レンジなどに干渉されることがない
  • 通信速度が速く、安定している
  • 建物などの障害物に弱い、通信の届く範囲が狭い
周波数帯2.4GHz帯の特長
  • 周波数が低く、電波が遠方まで届きやすい
  • 壁や床などの障害物にも強い
  • 電子レンジなどに通信が干渉されやすい

周波数帯にはメリット・デメリットがあります。これを双方が補うような安定したデータ通信を楽しむことができるのです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12 のデメリット

ここまでSpeed Wi-Fi HOME 5G L12のメリットを挙げてきましたが、これを打ち消すぐらいのデメリットがあります。

それは、通信速度が遅いことです。

L11とL12の通信速度を比べてみましょう。

L11の通信速度
L12の通信速度

同じような比較的早朝の空いている時間でも、通信速度は倍ぐらい違います。

土曜日の日中に複数回、通信速度を測定しました。

10Mbps程度で、これだと格安SIMよりも遅い通信速度です。

この通信速度でもYouTube動画や配信サービスなど利用できないことはありません。

ただ、通信速度が遅いということはいつでも快適に利用できるとは言い切れません。これがSpeed Wi-Fi HOME 5G L12をおすすめできない理由です。

もう、Speed Wi-Fi HOME 5G L12を買ってしまったよ…

というかたは、ルータの設定を変更することで多少通信速度を上げる方法もあります。

後日記事にする予定ですのでお楽しみに。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12を設定してみよう

ということでさっそくSpeed Wi-Fi HOME 5G L12でWiMAXにアクセスできるように設定してみましょう。

設定自体は超簡単です。

初期設定

STEP
SIMを挿入する

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の場合、SIMカードは底面に挿入することになります。

STEP
電源を投入する

次に電源を投入しましょう。

画像のとおり、緑のランプが点灯したら準備は完了です。

STEP
スマホのWi-Fi設定を行う

次にスマホにWiFIの設定を行います。

androidの場合は、設定画面から、ネットワークとインターネット→インターネットを開き、Wi-Fiに表示されているルータ名(初期値はSPWHで始まるもの)をタップします。

STEP
暗号化キーを入力する

暗号化キーは、ルータの底面に記載されている記号を入力します。

接続ボタンをタップ。これで、スマホからWiMAXを経由してインターネットにアクセスすることができました!

最低限やっておきたいL12の設定変更

インターネットにアクセスできればまずは安心。でも、最初のうちにやっておきたい設定がいくつかあります。

最低限やっておきたいL12の設定変更

  • 管理画面用ログインパスワード変更
  • Wi-Fi接続用暗号化キーの変更
  • ファームウエアのバージョンアップ

まず、変えておきたいのは管理画面用のログインパスワード。

現在のパスワードは、ルータ本体の底面に記載があります。

これを馴染みのあるパスワードに変更しておきましょう。

次に暗号化キーの変更です。

暗号化キーの初期値は複雑すぎて覚えることは困難です。

馴染みのあるパスワードに変更することで、Wi-Fiルータへのアクセス設定がやりやすくなるメリットがあります。

次にファームウエアのアップデートです。

ファームウエアの更新により、通信安定性の向上を図ることができます。

こちらはスマホアプリの画面を表示しました。

工場出荷状態から最新のファームウエアを当ててあげましょう。

なお、ファームウエアは不定期に更新されます。NECプラットフォームズの公式ホームページもご覧ください。

セキュリティ機能はあまり設定しないほうが無難?

Speed Wi-Fi HOME 5G L12はセキュリティ機能が豊富です。

しかし、セキュリティ機能が充実しているがゆえに、通信速度が遅いとの評価もネットで散見されています。

  • Wi-Fi設定の暗号化モード(WPA/WPA2)
  • LAN側設定のDHCPサーバ割当先頭アドレス
  • ゲストSSID

実際に設定しているのはこの3つぐらいです。

詳しくは、別記事に手L12の通信速度を改善するために実施したことをまとめる予定です。

まとめ

ということで今日のまとめです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12まとめ

  • セキュリティ機能は充実している
  • スマホアプリなど使い勝手もいい
  • 普段使いには影響は少ないが、通信速度は遅い
  • L12よりもおすすめはL11

ということで本ブログの結論としては、L12は買うな、です。ZTE製のL11かL13のほうをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

インターネット大好きのアラフォー
前職で特に専門知識もないのに自社の社内LANやインターネット環境を導入、ネットワーク運用業務に8年ほど従事。結果、ネットの魅力にハマる。
趣味は節約、ポイ活大好き。競馬、麻雀。

コメント

コメントする

目次