MENU

【検証】Speed Wi-Fi Home 5G L12の通信速度が遅い時の対処方法

今日は、Speed Wi-Fi Home 5G L12の通信速度が遅いときの対処方法についてまとめてみたいと思います。

先日の記事でも

・Speed Wi-Fi Home 5G L12の通信速度は遅い

・なので、L12ではなく、ZTE製のL11を購入しましょう

そんな記事を書きました。

でも、この記事を読む前に、Speed Wi-Fi Home 5G L12を買ってしまった…

そんな方もいるかもしれません。

そこで今日はSpeed Wi-Fi Home 5G L12の通信速度を早くするための対象方法をまとめます。

結論から言いましょう。

L12の通信速度アップのコツ

  • セキュリティ等の設定変更で通信速度は向上
  • ただし、通信速度アップの効果は限定的
  • 満足できない場合はルータの買い替えを
目次

通信速度が遅いL12の評価

本当にSpeed Wi-Fi Home 5G L12が遅いのか?

ネットで調べてみたところ、口コミでは遅い遅いの大合唱です。

実際に私も試してみたところ、L11に比べても、2,3割は通信速度が遅い結果となりました。

L11の通信速度
L12の通信速度

我が家にはWiMAXのルータを3台持っていますが、

L11 > Galaxy 5G Mobile WiFi > L12

つまり、モバイルルータよりもL12は遅いという印象です。

L12には通信速度を安定させるための最新機能が搭載されています。

にも関わらず、なぜこんなに通信速度が遅いのか?とても不思議に思いますよね。

設定変更前にやるべき作業

設定変更を行う前にやっておくべき作業が二つあります。

L12の再起動

ルータなどの通信機器に不具合がある場合には、まずは再起動するのが定番です。

再起動することでいわゆるパケ詰まりが解消する可能性があります。

L12には毎日定期的に再起動する機能が付いています。深夜の時間帯など誰も使わない時間帯に再起動する設定をしておくことをお勧めします。

ファームウエアの更新

ファームウエアはルータの販売メーカーから不定期に公開されます。ファームウエアをL12に当てることで通信速度が安定する場合もあります。

まずはファームウエアが最新の状態になっているか確認しましょう。

L12の場合、ファームウエアを自動適用する機能がありますので、設定をオンにしておきましょう。

なぜL12の通信速度は遅いのか?

再起動やファームウエアの更新で解決できればいいのですが、まあ、そんなことは稀な話し。

そんな簡単にL12の通信速度は改善しません。

L12の通信速度が遅い理由をネットで検索してみたものの、決定的な原因は突き止めることはできませんでした。

ただ、ネットの情報やL12の取扱説明書などには、通信速度が不安定な場合の対処方法がまとめられていました。

L12の通信速度を上げる方法

  • セキュリティ設定を変更する
  • スマホ側の設定を変更する
  • ファームウエアを確認する

確かに、Speed Wi-Fi Home 5G L12のセキュリティは充実しています。でも、それが原因になって通信速度が低下しているとしたら、必要最低限の設定に変更するのも一つの方法です。

できる限りのことを行った結果、通信速度は以下のとおりとなりました。

設定変更前
設定変更後

このように若干ながら通信速度は改善されたと言ってもよいでしょう。

L12の設定変更を行った項目

L12の設定変更を行った項目のうち、Wi-Fi設定を以下のとおり変更します。

設定変更項目

  • IEEE 802 11axをオフにする
  • 暗号化モードを変更する
  • WiFi暗号化強化をオフにする

IEEE 802 11axモードをオフにする

IEEE 802 11axモードをオフにすると通信速度が速くなる、という情報があります。

これはスマホやパソコンがIEEE 802 11axに対応していない場合に効果があります。接続できる機器がないならIEEE 802 11axモードをオフにしてしまいましょう。

暗号化モードをWPS2-PKSに変更する

最新の暗号化モードはWPA3-SAEです。ただ、スマホやパソコンが対応していなければ意味がありません。一般的なWPS2-PKSに変更することにします。

Wi-Fi暗号化強化をオフにする

WPA3-SAEからWPA2に暗号化モードを変更すると、Wi-Fi暗号化強化モードの設定を変えることができます。

初期値はオンになっているのでこれをオフにします。

その他のセキュリティ項目の設定をOFFにする

その他L12で設定されているセキュリティ機能はすべて使用しないこととしましょう。

利用しないセキュリティ機能

  • ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)
  • MACアドレスフィルタリング機能
  • パケットフィルタ設定

スマホやパソコンの設定方法を変えてみる

次に行うのは、Speed Wi-Fi Home 5G L12に接続するスマホやパソコン側の設定を変えてみることです。

スマホ、パソコンをDHCPから静的な設定に変更してみる

いわゆるIPアドレスを固定して接続すると通信速度が上がる場合があります

いったん、今接続しているL12のSSID(ここではSPWHで始まるWi-Fiの名称)を削除します。

そして再度、WiFiに反応したL12のSSIDをタップします。

暗号化キーを入力し、「詳細設定」をタップします。

IP設定を「DHCP」から「静的」に変更します。

IPアドレスを入力します。

ゲートウエイはL12に設定されているIPアドレスを入力します。

スマホのIPアドレスは、左から3つ目(3オクテッド目)までは同じ数字を、

4つ目は他の機器に重複しない番号を入力していきます。

他の項目は初期表示と同じ数字を入力します。

すべての項目を入力したら「接続」で完了です。

設定変更後、少しだけ通信速度が改善

以上のとおり、設定変更を行った後に通信速度を計測したところ、10%程度通信速度が向上しました。

これが冒頭にお示しした通信速度の結果です。

変更前
変更後

大幅に改善されたとまでは言えませんが、少しは通信速度に効果があったということができます。

それでも通信が不安定な時は

ここまで私が実践した通信速度の改善策をご紹介してきました。それでも

・通信が不安定で瞬断が多い

・通信速度に変化が見られない

そんな方もいるかと思います。そこで試してほしい方法をご紹介しましょう。

ルータの向きを上下逆にする

Speed Wi-Fi Home 5G L12の上下を逆にして設置すると、通信速度が上がるという情報があります。

実際に私もやってみましたが効果はありませんでした。でも、5Mbps程度通信速度が上がるという報告もあり、やってみる価値はありそうです。

帯域設定を変更する

帯域設定をW52からW56(144CHを含まない)に設定すると通信が安定する場合があるとの記載がL12の説明書にあります。

ただし、クイック設定Webへのアクセスができなくなるなどの操作上の制約もありそう。

設定変更は慎重に行うようにしてください。

2.4GHz設定の使用チャンネルを変更する

他のブルートゥースや電子レンジなどの機器との干渉が生じないように使用チャンネルを変更するのも一つの方法です。

ただし、電子レンジが使用しているチャンネルなどは測定は難しいです。

この問題は2.4GHz帯でWi-Fi接続する際に生じます。電子レンジや無線の近くに置かない、5GHz帯でWi-Fiを使用するなど他の手段でも解決できない場合にチャレンジしてみる価値はありそうです。

まとめ

ということで今日のまとめです。

L12が遅い時の対応策

  • L12の設定を変えることで少しだけ通信速度は改善される
  • ただし、根本的な解決にはならない
  • 使い勝手が悪ければ買い替えが得策

実際に私は使い勝手がよくないため、ZTE製のSpeed Wi-Fi Home 5G L11に買い替えました。

中古品(ランクAで「状態は良い」もの)を1万円弱で購入しました。

また、購入したL12はラクマやメルカリで売却することも可能です。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

インターネット大好きのアラフォー
前職で特に専門知識もないのに自社の社内LANやインターネット環境を導入、ネットワーク運用業務に8年ほど従事。結果、ネットの魅力にハマる。
趣味は節約、ポイ活大好き。競馬、麻雀。

コメント

コメントする

目次